ドキュメンタリー映画「美術館を手玉にとった男」

絵の具による絵画で表現した芸術的な美術 自己紹介

ドキュメンタリー映画で多くの受賞歴を持つサム・カルマンと美術に詳しいドキュメンタリー作家のジェニファー・グラウスマンの共同監督作品「美術館を手玉にとった男

 

嘘のような本当の贋作画家マーク・ランディスの贋作絵画の物語

このドキュメンタリー映画で美術館や贋作画家について興味がわき思い出したのが・・・

 

昔から人気のあった絵画マンガでありアニメ化された美術的な漫画

贋作・レプリカ専門のアートギャラリー「ギャラリーフェイク

 

美とは何か?芸術を追い求めるだけでなく社会問題・時事問題にも言及する

コミカル&サスペンスな美術館を舞台とした絵画まんが「ギャラリーフェイク」

 

このギャラリーフェイクの主人公であるオーナー藤田(FUJITA)玲司

彼もまた「美術館を手玉にとった男」と言えるでしょう。

 

このブログは、ドキュメンタリー映画「美術館を手玉にとった男

そして、絵画マンガ「ギャラリーフェイク」のファンである私が

絵画や映画を中心に美術・芸術や社会問題・時事問題について考えるブログです。

タイトルとURLをコピーしました